ケアマネージャー試験の概要

ケアマネージャー 資格ケアマネージャーになるためには、資格試験を受験して合格する必要があります。ケアマネージャーの試験ですが、年1回のみの開催になっています。現在のところ、毎年10月ごろに実施されています。しかし突然変更になる可能性もあります。その年度のケアマネージャー試験については、各都道府県に介護保険の担当の部署がありますので、そこで問い合わせをしてみると良いでしょう。また試験日や試験内容については、どこも一緒に実施されます。しかし例えば、出願の申し込みの期日などについては、都道府県によって、独自に設定をしています。そこで、都道府県のホームページなどを見て、どのような流れで手続きを進めればいいかについて、チェックをしておきましょう。ケアマネージャーの受験申し込みをするためには、実務経験や介護関係の資格を取得していると言った、一定の条件をクリアしている必要があります。そこで、資格証明や実務経験で受験をする場合には、5年以上の実務経験を有していることを証明できるような書類を添付して、提出をする必要があります。申し込み用紙がありますので、そこに必要事項を記入することになります。もし申し込み用紙に不備が見つかった場合、返送されてしまいますので、間違いのないように慎重に作成することをお勧めします。できれば、申し込み期限よりも余裕を持って、願書を入手して、出願のための準備をしておくことをお勧めします。もしかすると上で紹介をしたような、不備があって受験が認められないケースもあるかもしれません。その場合期日ぎりぎりであれば、間に合わなくなってしまう可能性もあります。

受験の際の注意点

ケアマネージャー 資格ケアマネージャーの試験を受験する時に、試験の1週間前までには受験票があなたの自宅に送付されると思います。この受験票は保管して、ケアマネージャー試験の当日には必ず持参をすることをお勧めします。ちなみに受験票を持っていないと、受験をすることができなくなってしまいますので、注意しましょう。ケアマネージャーの試験開始時間は、10時からとなっています。しかし9時半から、試験についての簡単な説明が行われます。その上で10時から試験が開始されることになります。できれば9時半前に到着をするようにしましょう。いろいろな理由で、10時までにはいることができれば、受験をすることができます。しかしもし10時以降に試験会場に到着してしまった場合には、受験をすることができなくなってしまいます。しかし例えば、気象状況や交通機関の乱れなどが原因で、不可抗力で試験に送れることもあるかもしれません。その場合、多くの受験者が試験開始時刻に間に合いそうもないと試験対策本部が判断をされた場合には、試験の開始時刻が送れることもあります。試験はマークシート方式で実施されます。ですから、鉛筆や消しゴムについてはきちんと準備をしておくことをお勧めします。携帯電話は持参をしてもいいですが、電源はオフにしておきましょう。